和服のレンタル

最新の流行の和装レンタルがおすすめ

和装一式嫁入り道具として荷物に持たせていただきましたが、10年、20年後に使う頃には流行とは、かけ離れたデザインになっています。以前は、御所車、鶴などが格上とされていましたが、現在は、割と花模様が多いような気がします。その時々の流行があるので、母親が何十万円もかけて持たせてくれたものですが、素材なども、今は違ってきているので、とてもレンタルには見えません。和服を着る機会も減ってきているようですので、人生何回使うかわからない、和装ものは、レンタルを利用することのほうが、賢いかもしれません。お祝いごとの時には、事前に日にちもわかっているので、最近の流行の柄の和装レンタルの方が見栄えも良いかもしれません。喪服の和装レンタルは少し難しいかもしれません。

至急に必要になる喪服について

喪服の和装レンタルの場合は、お葬式は身内になるほど、急に、日程が決まり、行われることが多いため、なかなかレンタルを借りに行っている余裕はありません。 喪服には夏用と秋冬用の二種類があり、両方使う可能性も低いのですが、身内の急な葬儀の時にはレンタルを用意している余裕はありませんでした。この時は、母親に持たせていただいた、和装喪服が役に立ちました。現在は、洋服の喪服を持って嫁いでこられるかたのほうが多いようです。結婚してから数年の間は、子供がお腹に居たりと、なかなか和装には向かないこともあります。しかし、洋服の喪服でもよいとおもいますが、着物をお持ちでしたら、母親の好意を受け止めて、和服を着ることはおすすめです。喪主としても、また里帰りされての葬儀でしたら、近い身内だということをあらわす意味でも、和装は必要だと思います。

留袖のレンタル

披露宴などのお祝い事で留袖を利用する際は、留袖のレンタルを利用するのが最も効率的です。またレンタルの留袖を利用することで、使用するごとに違ったデザインの留袖を着ることができます。

More...